無料ブログはココログ

うるう年のコスト?

【うるう年のコスト?】4年に一度のうるう年。我々は2月29日という日をもう一日生きなければなりません。飲んだり食べたり、ガスやら電気やら水道やらにもおカネがかかり、1世帯当たり平均で60ユーロほどかかるのだとか。一方で、月ぎめで払ってい...

Posted by Kiyoshi Hori on Friday, February 26, 2016

フリーで働くオランダ人の4割は「副業

【フリーで働くオランダ人の4割は「副業」】オランダ中央統計局(CBS)のサイトで目にしたので、メモ代わりに。オランダには150万社ぐらいの企業があるのですが、そのうち135万社は自己雇用者(誰も雇ってなくて自分だけでやってる会社)な...

Posted by Kiyoshi Hori on Wednesday, January 27, 2016

儲かる農家を育てる直売所

★本日の言いたいこと★

 新規参入者は、既存企業より高い価格で参入する!
 狙いは、農家どうしの品質競争!

◎───────────────────────────

 本日届いた『日経ビジネス』(2007.07.30)。

 毎週愛読しているコーナーは「小さなトップランナー」。
 今回紹介されているのは、農業法人みずほ。
 茨城県つくば市で、「みずほの村市場」という
 農産物直売所を経営する。

 ▼みずほの村市場
 http://www.mizuhonomuraichiba.com/

 商品の価格は近隣のスーパーよりも高いが、
 年間来客数は26万人。年商は5億円。
 東京から車を飛ばしてくる人もいる、とのこと。

Lees meer "儲かる農家を育てる直売所" »

「○○過ぎ」にご注意

★本日の言いたいこと★

 「勝ち組」「負け組」なんて一時のこと。
 「過ぎたるは及ばざるが如し」っていうことを自覚しよう。

◎───────────────────────────

 『日経ベンチャー』2006年3月号に、
 「ライブドア事件、私はこう感じた」という記事が載っていて、
 エムケイタクシー創業者の青木定雄氏と、
 岡野工業代表社員の岡野雅行氏の談話が掲載されている。

 ▼今月の日経ベンチャー
 http://nvw.nikkeibp.co.jp/nvw/nv/

 ■ライブドア事件、私はこう感じた
 青木定雄(エムケイ創業者、近畿産業信用組合会長)
 「挑戦すると時々、「こんな目」に遭う」
 岡野雅行(岡野工業代表社員)
 「考えてみれば、ホリエモンはかわいそうな男だよ」

Lees meer "「○○過ぎ」にご注意" »

壊れない製品をギリギリの価格で売る

★本日の言いたいこと★

 一見、下手なビジネスのように見えることが、
 ビジネスの王道だったりするのだ......

◎───────────────────────────

 『日経ビジネス』(2006.02.06)の「小さなトップランナー」欄に
 富士珈機(こうき)販売という会社が紹介されている。

 ▼富士珈機販売
 http://www.fujiko-ki.co.jp/

 本社は大阪市浪速区。
 資本金1500万円。従業員34人。年商5億円。

 小型のコーヒー豆焙煎機で、国内シェア50%を占める。
 借家で自作していた焙煎機が、今では業界のトップブランドに。
 「壊れない製品」を「ギリギリの価格」で売り、
 他の追随を許さない。

 この商売のしかた、
 一見、儲かりそうにないヘタな戦略のように見えて、
 実は、意外に、高等戦略なのである。

Lees meer "壊れない製品をギリギリの価格で売る" »

家計における教育費負担

★本日の言いたいこと★

 親が、子どもの教育のために支払っているお金は、
 すごく大きいのだ!!

◎───────────────────────────

 経済学とはどのような学問であるか、とか、
 身近な問題を「経済学的に考える」とはどういうことか、などを
 シロウト(例えば、高校生)などにわかりやすく説明するために、
 よく使うネタがある。このブログでもかつて紹介したことがある。

 ▼Spelen met kennis!: 大学へ進学する、という「選択」
 http://bijenkorf.cocolog-nifty.com/spelen/2005/07/post_f58a.html

 実はこのネタに、都立上水高校の浅田校長先生が鋭く反応され、
 来週、都立上水高校に講演に行くことになっているのだ。

 ▼東京都立上水高等学校
 http://www.josui-h.metro.tokyo.jp/

 で、最近、この講演のための予習、ということで、
 いろいろ世の中にある「数字」を漁っているのだが......、

Lees meer "家計における教育費負担" »

月に1冊ずつ本を書き続ける法

★本日の言いたいこと★

 やれるところから手をつけること。
 とりあえず、形にしてみること。

◎───────────────────────────

 本学で行っている例の講義に、
 英語学習研究家で作家の、晴山陽一さんがおいでになった。
 このブログでも紹介したことがあるが、
 晴山さんは、月に1冊のペースで本を書き続ける
 スーパー量産作家でもある。

 ▼経済学特殊講義B~キャリアはこうして創られる~
 http://www2.obirin.ac.jp/~khori/lec/career/

 ▼Spelen met kennis!: 独立して成功する5つの力
 http://bijenkorf.cocolog-nifty.com/spelen/2004/12/5.html

 彼が、本学の学生に、
 「月に1冊ずつ本を書き続ける方法」の一端を教えてくれた。
 それは、我々一般のサラリーマンにも十分、役立つ内容だった。

Lees meer "月に1冊ずつ本を書き続ける法" »

社外同期

★本日の言いたいこと★

 自分を違う環境においてみると、意外に安心できるかも。 

◎───────────────────────────

 昨日の『日本経済新聞』(夕刊)に、
 「社外同期が欲しい~20代社会人、交流盛ん」
 と題する記事が掲載されていた。

20代の働く女性やビジネスマンの間で、会社の枠を超えた同世代の交流が盛んだ。就職という共通目標を持つ学生のネットワークとも、ビジネス直結型の即物的な「異業種交流会」とも違う。悩みを相談しあったり、一緒に学んだり、遊んだり――。一昔前なら職場の同僚が相手だった濃密な人間関係を「社外」に求めるのはなぜか。「社外同期」願望の裏側を探った。

Lees meer "社外同期" »

情報の非対称性

★本日の言いたいこと★

 自分が知っていることを、相手は知らないかもしれない。
 自分は知らないことなのに、相手は知っていると思っているかも。
 だから、誤解のないように、話をしよう。 

◎───────────────────────────

 いまや、あまり驚かなくなったが、
 『日本経済新聞』に、こんなニュースがあった。

 ▼就職した若者の半数が転職や離職・内閣府調査
 http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT1G30033%2030062005&g=MH&d=20050630

 就職したことのある若者のうち約半数の49.4%が転職や離職した経験があることが分かった。離職・転職前の勤め先の勤続期間は1年以上2年未満が12.2%で最も多く、平均約27カ月だった。
 調査対象は15歳から29歳の7500人。学校卒業や中退後に働いた経験のある2133人のうち最初の就職先に今も勤めている人は46.5%。離職理由は(1)仕事が合わない・つまらない(26%)(2)人間関係が良くない(17.8%)(3)結婚・出産(14.8%)(4)賃金が低い(14%)――の順だった。

Lees meer "情報の非対称性" »

The Art of Tipping

★本日の言いたいこと★

 「チップ」は面倒なしくみだが、
 評価が直接的に伝わることはいいことかも......。

◎───────────────────────────

 英語の訓練のために、
 NHKラジオの『ビジネス英会話』をiPodに録音して、
 通勤時間帯に聴いている。

 英語の勉強、という以外にもこの番組、
 異文化コミュニケーション、というか、
 文化が違うと人々の考え方がどう変わるか、
 みたいなことも勉強できるので、
 これはこれで、結構面白いのだ。

Lees meer "The Art of Tipping" »