« 大山泰弘『働く幸せ~仕事でいちばん大切なこと~』 | Hoofdpagina | ウルトラマンAが教えてくれた「人生論」 »

さだまさし『案山子』

★本日の言いたいこと★

 ケータイメールも、家族間無料通話もなかった時代の
 暖かい家族のぬくもりが感じられる楽曲!

◎───────────────────────────

 『朝日新聞』毎週土曜日の「be on Saturday」1頁に
 毎週ひとつずつ、歌の歌詞が掲載され、その背景にある
 さまざまな風景や人間模様などを解説する記事がある。

 2010/01/30付けで紹介されたのは、さだまさし『案山子』。

 ▼うたの旅人:孤独に耐える姿を重ね 「案山子(かかし)」
 http://www.asahi.com/shopping/tabibito/TKY201001280256.html

 YouTubeにも、いくつか掲出されている。

 Wikipediaによれば、1977年11月25日発表、とある。

 そうだったな。中学3年生の秋だった。

 まだその頃は、「故郷を離れる」という
 その言葉の意味がよくわからなかったが、
 家族の思いがよく描かれた歌詞で、すぐに覚えることができた。

 あれからさらに3年余り経って、大学に進学して親元を離れ、
 最初は下宿に自分の電話もなかったので、
 親にも手紙を書いていた。

 もっとも、まだ電電公社時代で、電話は高かったので、
 電話で3分話すくらいなら、手紙のほうが安かった。
 (はがきは40円、封書は60円だった)

 いまではケータイメールもあるし、
 話そうと思えばいつでも、どこにいても、
 どれだけでも「家族間無料」で話せるから、
 遠く離れて暮らす家族のことを思う、なんてことは、
 あるのかどうかよくわからないが、
 暖かい家族のぬくもりを感じさせる、いい曲である。

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

 ちなみに、新聞記事によれば、
 「案山子」の舞台になったのは島根県津和野町の、
 こんな風景だった、とのこと。

 ▼うたの旅人フォトギャラリー:案山子
 http://www.asahi.com/shopping/gallery_e/view_photo.html?tabibito-pg/TKY201001280252.html

 iTunes で試聴してみたい方は、
 下のボタンをクリックしてください。

さだまさし - 私花集<アンソロジイ> - 案山子<かかし>

« 大山泰弘『働く幸せ~仕事でいちばん大切なこと~』 | Hoofdpagina | ウルトラマンAが教えてくれた「人生論」 »

気になる新聞・雑誌記事」カテゴリの記事

最近聴いた音楽」カテゴリの記事

Reacties

Laat een reactie achter

(Niet getoond bij de reactie.)

TrackBack


Hieronder vindt u links naar weblogs die verwijzen naar さだまさし『案山子』:

« 大山泰弘『働く幸せ~仕事でいちばん大切なこと~』 | Hoofdpagina | ウルトラマンAが教えてくれた「人生論」 »

mei 2020
zo ma di wo do vr za
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Hoe laat is het?