無料ブログはココログ

« 加藤昭吉『計画の科学』&『「計画力」を強くする』 | Hoofdmenu | 倒産した会社 倒産しない会社の決算書 »

頑張らない経営

★本日の言いたいこと★

 「頑張らない」経営で創業以来61年間、増収を続ける会社。
 しかし一度は「頑張ってみる」「1位になろうと努力する」ことで
 この達観が生まれてくるのではないか。

◎───────────────────────────

 『日経ビジネス』2009.04.20号のカバーストーリーは
 「不屈の理念企業」。

 そのなかに、おなじみのケーズデンキ(本社:茨城県水戸市)が
 とりあげられていた。

 ▼株式会社ケーズデンキ
 http://www.ksdenki.com/

 しかも、こんな驚きの見出し!

 「頑張らない」経営で61年間増収

 少々目を疑ったが、この会社、創業以来、一度も売上高が、
 前年のそれを下回ったことがないそうだ。

 しかも、「頑張らない」「1位にならない」という経営理念で。

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

 加藤修一社長の発言には、いくつか注目すべき点がある。

 「1位を占めた会社はやがて力を失っていく」

 たしかに、一時は業界首位であった会社が、
 その後新興勢力の追撃を受け、
 その地位を失っていくのはよくある話だ。

 「無理をすると確かにプラスもある。
 しかし、マイナスがむしろ大きい」

 成長のために社員にノルマを課すと、
 社員が無理に売上を上げようとして、
 お客様に余計なものまで買わせるようになる。
 お客さまが「こんなものを買わされた」と感じれば、
 そのお客様は二度と来店しようとはしない。

 つまり、「無理をすること」「頑張ること」には
 それなりに副作用がある、というのだ。

 だから無理をしないで、1位を目指さないで、
 「顧客の求めるものを素直に提供する」ことに徹して、
 地道に成長していこう、というのが加藤社長の考えのようだ。

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

 ケーズデンキは昔、「カトーデンキ」という社名で、
 茨城県内を中心に展開する地方の家電量販店だった。

 宇都宮のコジマ、前橋のヤマダ電機とともに、
 YKKなどと呼ばれた時代もあって、
 一時は北関東地域で激烈な低価格競争を展開した。

 しかし、そのうち、ケーズは他の2社と明らかに方針を転換する。
 多店舗展開や全国展開のスピードも他2社に比べると遅く、
 ポイントカードを導入せず、現金値引きの方針をとった。

 その結果が現在までの「着実な成長」なのだが......、

 「頑張らない」とは言っても、テキトーにやっていたのでは
 61年間の成長は手に入れられない。
 一度は「頑張ってみる」「1位になろうと努力する」ことで
 この達観が生まれてくるのではないか、と私は思う。

 とくに、これまでなかなか「頑張る」機会を得られていない
 最近の若者には、この点、注意が必要であるような気がする。

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

 追記:
 新学期の授業が始まり、ゼミの学生13名がやってきた。
 彼らへの期待もこめて、今後やってもらうことを説明し、
 一緒に勉強する4年生からも激励と歓迎のメッセージを
 言ってもらった。

 たったそれだけだったが、翌日になったら、
 男性ばかり3名が、ゼミの履修登録を取り消した。
 「自分の思っていたことと違った」
 「自分はついていけそうにないと思った」
 そのような理由を私に告げた。

 「頑張らない学生生活」を送ろうとするのだろうと思うが、
 そんなことで一般社会がわたっていけるのか、と、
 かなり不安になってしまった。

« 加藤昭吉『計画の科学』&『「計画力」を強くする』 | Hoofdmenu | 倒産した会社 倒産しない会社の決算書 »

「すばらしい人・企業」カテゴリの記事

「気になる新聞・雑誌記事」カテゴリの記事

Reacties

cat
サボると力まないと頑張らない
の境界線は難しいですね。

人によっても違うし環境によっても
変わります。

大量生産の学校では個人個人をしっかり適正を
見て教育するなんてできませんね。

Laat een reactie achter

(Niet getoond bij de reactie.)

TrackBack

TrackBack URL van dit bericht:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/724/44718544

Hieronder vindt u links naar weblogs die verwijzen naar 頑張らない経営:

« 加藤昭吉『計画の科学』&『「計画力」を強くする』 | Hoofdmenu | 倒産した会社 倒産しない会社の決算書 »