« 親子同伴 | Hoofdpagina | 学生時代、いちばん苦労したこと? »

池内計司『「つらぬく」経営』

★本日の言いたいこと★

 困ったとき、ほんとにありがたいと思えるのは、
 自分を理解し助けてくれる「ファン」の存在。
 知らない人さえファンにさせる究極の秘訣は、正直。

◎───────────────────────────

 池内タオルの池内社長の著書が昨年出版されて、

 ▼池内タオル
 http://www.ikeuchitowel.com/

 私もようやく最近これを購入し、読み始めている。

 池内タオル(株)は愛媛県今治市のタオルメーカー。

 ■輸入品が圧倒的優勢のなか、売上の過半を輸出で稼ぐ会社
 ■風力発電でタオルを生産する、環境に優しい会社
 ■幼児が口に入れても安心。天然素材利用のナチュラル思考
 ■地域の中小企業と協力。地域経済活性化の立役者
 ■民事再生からの復活。再チャレンジ成功の典型的企業

 など、いろんな観点から注目されている有名中小企業だ。

 私も一昨年、縁あって同社を訪問し、
 池内社長にお話を伺っている。

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

 2003年9月、同社はたいへんな苦境に立たされる。
 同社が売上の7割を依存する取引先企業の倒産で、
 民事再生法の適用を申請せざるを得なくなる。

 企業再生への苦難の道を歩まざるをえなくなった社長を
 心の底から勇気づけてくれたのは、
 ネット上での「ファン」の言葉だった。

 「がんばれ池内タオル!」というネット上の書き込みや、
 「タオルを何枚買えば、池内タオルは存続できますか?」
 という社長への質問メールが押し寄せたそうだ。

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

 池内タオルは熱狂的なファンが支えている、と言われる。
 池内社長自身もそのことは否定しない。

 ただ、池内社長自身がそれを述べているが、
 最初からファンやマニアを作ろうと考えたわけではない。

 ■ともかくデータを公表し、嘘はつかない。
 ■できることとできないことをはっきりさせる。

 これをつらぬいてきた結果、面識のない人々の心にさえ、
 彼の姿勢と想いが届き、ファンが増えていったのではないか、
 と社長は述べている。

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

 日常生活でさえ、人は、
 他人によく思われよう、よく見せようと、
 いろいろ小細工をする。

 ただそれも、急ごしらえの小細工であればあるほど、
 すぐに化けの皮がはがれてしまう。

 信念をつらぬく、真っ正直な姿勢こそが、
 人の共感と賞賛を得ることになる。
 そのことを思い出させてくれる一冊である。

« 親子同伴 | Hoofdpagina | 学生時代、いちばん苦労したこと? »

中小企業に関すること」カテゴリの記事

最近買った本・読んだ本」カテゴリの記事

すばらしい人・企業」カテゴリの記事

Reacties

Laat een reactie achter

(Niet getoond bij de reactie.)

TrackBack


Hieronder vindt u links naar weblogs die verwijzen naar 池内計司『「つらぬく」経営』:

» ケノーベルGoogle Earth & Map エージェントからリンクのご案内 [ケノーベル Google Earth & Map Agent]
今治市エージェント:この記事ダイジェストをGoogle Earth & MAPエージェントに掲載しました。訪問をお待ちしています。 [Meer lezen]

« 親子同伴 | Hoofdpagina | 学生時代、いちばん苦労したこと? »

mei 2020
zo ma di wo do vr za
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Hoe laat is het?