« 若者が地域や社会を元気にする! | Hoofdpagina | 新刊.JP »

牛丼一杯の儲けは9円

★本日の言いたいこと★

 「値段」には、すごく多様なメッセージが含まれている。
 それを読み取ることができたら、人生、もっと豊かに過ごせる。

◎───────────────────────────

 メルマガでも紹介しているのだけれども、
 新聞の新刊広告でタイトルに惹かれ、
 アマゾンで衝動買いしてしまった。

 これまでにも、いわゆる「原価の秘密」みたいなテーマの
 手軽な読み物はいっぱいあるのだが、

 この本は、「値段」の裏に、さまざまなメッセージのあることを
 教えてくれているように思う。

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

 一杯350円の牛丼をつくって販売するのに、

 ○ 材料費に175.40円
 ○ 人件費に129.60円
 ○ 家賃・光熱費に35.48円

 といった費用がかかるので、
 結局、牛丼一杯を売って得られる利益はで9.5円程度になる。

 もっと利益を大きくしよう、とか、
 もっと値段を安くしようと思うと、何か工夫が必要だ。
 例えば......、

 ●牛一頭丸ごと仕入れて、材料費を下げる
 ●材料の直接仕入れで、安く仕入れる
 ●海外から安価な材料を買う
 ●調味料等を使って、味をごまかす
 ●販売にかける手間を減らす

 などなど。

 最後の「販売にかける手間を減らす」ために、
 食券の自動販売機を入口に置いている店もある。

 ただ、例えば、吉野家は自販機を置いていない。
 従業員がお客さまに「ありがとうございました」の一言を
 確実にかけることができるようにするためだ、という。

 その一言にあまり大きな価値を置かない企業は、
 自動販売機を設置すればいい。
 その代わり、牛丼一杯の値段は安くできる。

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

 値段は、いろいろなメッセージを集約しているものだ。
 そのメッセージを読み取ることで、
 同じお金を払うのにも、納得して払うことができるだろう。

 そう思っていた矢先、こんな本を見つけた。
 「180円スニーカーを市場に出したい」と考えた人々の
 心意気が感じられそうな本だ。

« 若者が地域や社会を元気にする! | Hoofdpagina | 新刊.JP »

最近買った本・読んだ本」カテゴリの記事

Reacties

Laat een reactie achter

(Niet getoond bij de reactie.)

TrackBack


Hieronder vindt u links naar weblogs die verwijzen naar 牛丼一杯の儲けは9円:

» 夢をかなえる牛丼 [世界一のバイヤーになってみろ!!坂口孝則の本棚と雑文]
今週もぼくの新書は好評。またしても、BlogにUPしていただいた方々を紹介。非常 [Meer lezen]

« 若者が地域や社会を元気にする! | Hoofdpagina | 新刊.JP »

mei 2020
zo ma di wo do vr za
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Hoe laat is het?