« 困難は成長の母?? | Hoofdpagina | 電話番号覚えられない! »

世界一やさしい問題解決の授業

★本日の言いたいこと★

 夢を目標に、そして具体的な行動につなげることが重要。
 一歩を踏み出すために、人生を切り開くために、
 問題解決能力を身につけよう!!

◎───────────────────────────

 たまたま本屋さんで手にとった本を思わず衝動買いした。

 渡辺俊介『世界一やさしい問題解決の授業
 ―自分で考え、行動する力が身につく』ダイヤモンド社

 本書冒頭、「こんな人たちを知りませんか?」
 という問いかけがある。

 ■「どうせどうせ子」ちゃん■
 壁に直面すると、「私なんかどうせダメよ」とあきらめてしまう人。
 やってもムダだとふてくされたり、
 誰か他の人のせいにする人。

 ■「評論家」くん■
 「問題はこれだよ!」「あの人が悪いんだよ」と言うだけは言うが、
 言いっぱなしで自分は何もやらない人。

 ■「気合でゴー」くん■
 何に対してもやる気があって前向きだけれども、
 うまくいかないときには、
 「ダメなのは気合が足りないからだ」と精神論で片付ける人。

 この3者に比べ、本書が推奨する「問題解決キッズ」は、
 常に具体的な目標を持っている。
 壁にぶち当たっても嘆かず、
 「どうすればいいか」を前向きに考えてすぐ実行する人である。

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

 本書は、中学生・高校生向けに書かれた本だが、
 マッキンゼーで働いたことのあるコンサルタントが書いている。
 中身は十分、大学生やおとなにも通用する。

 本書が一貫して読者に推奨する能力が
 「問題解決能力」である。

 アタリマエのことのように聞こえるが、
 問題解決のための第一歩は、
 「何が問題か」を明確にすることである。

 例えば、「数学の成績が下がってきた」ので
 何とかしなければならない、とする。
 ただ「とにかく頑張る」とか
 「数学の勉強時間を増やす」ことをしても、
 問題解決に至るかどうかは不透明だ。
 勉強のしかたに問題があるかもしれないからだ。

 回り道のようだが、
 「なぜ数学の成績が下がったか」を考えよう。

 「具体的にどの問題が解けなかったか」
 「なぜ解けなかったか」
 「解答する時間がなかったのか、解き方わからなかったのか」
 解き方がわからないのは、
 「基本的概念を理解していない」のか、応用力がないのか。

 ......というように、

 見かけの困難(=数学ができない)の根源は何なのか、を
 明確にすることで、その後の対策が変わってくるのだ。

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

 若いうちは気づかないかもしれないが、時間は有限である。
 有限な時間のなかで、自分の夢を具体的な目標に転換し、
 着実に一定の成果を得ることで自らを成長させることは、
 とても重要なことである。

 本書は、そのアタリマエのことを、
 非常にわかりやすく、確認させてくれている。

« 困難は成長の母?? | Hoofdpagina | 電話番号覚えられない! »

最近買った本・読んだ本」カテゴリの記事

Reacties

Laat een reactie achter

(Niet getoond bij de reactie.)

TrackBack


Hieronder vindt u links naar weblogs die verwijzen naar 世界一やさしい問題解決の授業:

« 困難は成長の母?? | Hoofdpagina | 電話番号覚えられない! »

mei 2020
zo ma di wo do vr za
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Hoe laat is het?