« 経済学を勉強すれば、お金持ちになれますか? | Hoofdpagina | 自分を「運がいい」と思えますか? »

いい会社をつくりましょう

★本日の言いたいこと★

 世の中に何かをなそう、社会を変革しようと、
 自らのビジネスを通じて努力する経営者の姿にこそ、
 人が一生歩んでいくための重要な指針がある。

◎───────────────────────────

 高木さんのブログで紹介されていたこの本を、
 私も取り寄せて読んでみた。

いい会社をつくりましょう。
塚越 寛著 / 伊那食品工業株式会社編集

 ▼思いつくまま-足助から-: いい会社をつくりましょう
 http://asuke.air-nifty.com/blog/2006/05/post_d1cd.html

 著者の塚越寛氏は、伊那食品工業(株)の社長。
 同社は「かんてんパパ」ブランドで有名だが、
 創業以来48年間、連続増収増益増員を記録する、
 末広がりの成長企業である。

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

 本書のタイトルは、そのまま、同社の社是である。

 ▼伊那食品工業(株):社是
 http://www.kantenpp.co.jp/corpinfo/profile/shaze.html

 単に経営上の数字が良いというだけでなく、
 会社をとりまく総ての人々が、日常会話の中で「いい会社だね」と
 言ってくださるような会社の事です。
 さらに、社員自身が
 会社に所属する幸せをかみしめられるような会社をいいます。

 本書には、ひとりの企業経営者の経営哲学を超えた
 「人はどうこの世を生きていくべきか」の指針が
 記されているように思う。

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

 先日、ある講義で「社会起業家」という概念を説明し、
 伝統工芸の振興と地域活性化のために努力する
 女性起業家の事例をビデオで紹介した。

 講義終了後、学生に書いてもらった感想のなかに、
 「○○さん(=女性起業家の名前)は偽善者。
 企業は利益がなければ生きられない」と書かれているのをみて、
 ちょっと、悲しかった。

 ま、学生は若くて、経験も知識も乏しいからしかたないけど、
 そんなに物事を決めつけないで、世の中を柔軟に見てほしい。
 案外、この世の中、まだまだ捨てたものではないのだ。

« 経済学を勉強すれば、お金持ちになれますか? | Hoofdpagina | 自分を「運がいい」と思えますか? »

中小企業に関すること」カテゴリの記事

最近買った本・読んだ本」カテゴリの記事

すばらしい人・企業」カテゴリの記事

Reacties

こんにちは!
ご紹介&トラックバックありがとうございます!

>企業は利益がなければ生きられない」と書かれているのをみて、ちょっと、悲しかった。

そうですか...
でも私自身も以前だったら、この本を読んで素直にその内容を受け入れられたかどうか自信がないような気がします。今は、めざすべきものの一つとして感じられたことをうれしく思っています。

学生さんたちも、いつか人が大切にすべきものに気づいてくれることでしょう。

Keyさん、コメントありがとうございます。また、よい本を紹介していただきました。ありがとうございました。

この本、本学図書館には所蔵されておりませんでしたので、さっそく発注いたしました♪

Laat een reactie achter

(Niet getoond bij de reactie.)

TrackBack


Hieronder vindt u links naar weblogs die verwijzen naar いい会社をつくりましょう:

« 経済学を勉強すれば、お金持ちになれますか? | Hoofdpagina | 自分を「運がいい」と思えますか? »

mei 2020
zo ma di wo do vr za
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Hoe laat is het?