« あなたの住まいは何と麗しいことでしょう | Hoofdpagina | 経済学的思考のセンス »

(≒無限大)×(≒無)=something

★本日の言いたいこと★

 わずかな金・時間・可能性の断片を、
 無限大に近い対象から集めることができたら、
 何かが起こるかもよ!!

◎───────────────────────────

 松山しんのすけさんの“Webook”で最近紹介された
 梅田望夫著『ウェブ進化論』(ちくま新書)を読んでいる。

ウェブ進化論
梅田 望夫著

 この本は、なかなかおもしろい!

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

 インターネットの可能性の本質とは何か。
 不特定多数無限大の人々との
 つながりを持つためのコストがほぼゼロになったこと
、と
 梅田氏は述べている。

子供の頃に「1億人の人から1円ずつもらえたなら1億円になるなぁ」なんて夢を思い描いたことのある人は多いのではないだろうか。「1円くれませんか」と人々を訪ね歩けば、かなりの確率で1円なら貰えるとしても、1円もらうための労力・コストが大きいから、リアルな世界では非現実的な夢想に過ぎなかった。でも誰かから1円もらうコストが1円よりも小さいとすれば、「不特定多数無限大の人々から1円もらって1億円稼ぐ」ネットビジネスは現実味を帯びてくる。
(『ウェブ進化論』p.19)

 やや極端な話のように聞こえるかもしれないが、
 これに近い話はけっこう、現実にある。

 作家としては無名の人が本を書いて、
 アマゾンビーケーワンなどのオンライン書店で、
 あっという間に上位に躍り出ることがある。

 本の内容も非常に素晴らしい。書いた人も素晴らしい。
 でも、リアルな世界では、
 その素晴らしい人にも本にもなかなか出合えない。
 有名ではないからである。

 有名になるには、従来、マスコミに載ることが必要条件だったが、
 現在では、マスコミがとりあげる前に、ネットの世界で、
 立派な人や、その人が書いた本の話はあっという間に広がる。
 5000~10000人に届けられるメルマガなんて、ザラにあるからだ。

 そして、世のオンライン書店は、
 こうした無名作家の本を多数売りまくり、儲けている。
 すごい!

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

 「(≒無限大)×(≒無)=something」

 わずかな金・時間・可能性の断片を、
 無限大に近い対象から集めることができたら、何かが起こる。
 我々の生きている世の中は、
 そういう世の中になっていきつつあるのだ。

« あなたの住まいは何と麗しいことでしょう | Hoofdpagina | 経済学的思考のセンス »

最近買った本・読んだ本」カテゴリの記事

Reacties

あっ!
ちょうど私も今、読んでいる最中です。
私はついつい、技術面のほうの話に惹かれていってしまっています。
ロボットやコンピュータが意志を持つかということに対して、漠然と、圧倒的な処理能力と情報量が集まれば意志が形成されるのではないかというイメージを持っていました。
でも、この本を読んでいたら、Googleというコンピュータシステムはすでに意志を持つものになっているのではないかという気がしてきました。
なんだか、非常に刺激の強い本になりました。

Keyさん、コメントありがとうございます。
私は、ビジネスとかお金儲けとか効率とか、そんな方向から物事を考えてしまうのですが、さまざまな意味で、これまでの常識をひっくり返すような刺激の強い話題がいっぱい詰まっていますね。
「固定観念に縛られてはいけないぞ」というメッセージが伝わってきて、頭の体操にもなりそうです。

Laat een reactie achter

(Niet getoond bij de reactie.)

TrackBack


Hieronder vindt u links naar weblogs die verwijzen naar (≒無限大)×(≒無)=something:

» Web進化論 [お気楽極楽ブログ]
「在庫がなくてすいません」と著者が叫んでいる頃に、普通に本屋で買って読んでたんですが。... [Meer lezen]

« あなたの住まいは何と麗しいことでしょう | Hoofdpagina | 経済学的思考のセンス »

mei 2020
zo ma di wo do vr za
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Hoe laat is het?