« 君たちは、すばらしい! | Hoofdpagina | 難所でも逃げない心を »

優先順位をつけて仕事に取り組む

★本日の言いたいこと★

 時間管理は「積み上げ方式」より「総量管理」。
 限られた時間を優先順位をつけて配分することが大事!!

◎───────────────────────────

 先月末に「時間が、ない」とブログで叫んで以来、
 とにかく〆切に追いまくられ......、

 いろんな人に迷惑をかけた挙句、
 1週間ほど前、ようやくすべての原稿を書いた。

 やはり最後の最後では、若干体力的にも無理をしたこともあって、
 今週に入って風邪気味の体調不良に陥り、
 昨日は授業がなかったので、一日自宅で静養していた。

 その間、考えることは、やはり「時間管理」だ。

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

 松山真之助さんのWebookでもとりあげられた
 この本を買って、読んでみた。

 ▼松山真之助さんのWebook:川本裕子の時間管理革命
 http://webook.tv/archives/000747.html

 それほど分厚くないのに、いろんなことが書いてあって、
 いろいろ参考になることが多かったが......、

 とくに第2章「時間管理は「総量管理」から」には共感を覚えた。

中部国際空港の建設で、建設費の1割の1000億円も節約できたという報道がありました。1割も遺すとダウンができたのは、まず目標の事業費があり、そこから逆算して設備や資材の原価を決めていく「トヨタ式コスト削減法」を取り入れたからだといいます。
ここに時間管理のヒントもあります。コスト管理では「積み上げ」ではなく「総量管理が」有効な手段です。ひとつひとつの項目の費用を積算していくとコストは膨れ上がる一方ですから、先にコストの総枠を決めてその中でやりくりしていきます。
時間についても、同じことが言えます。誰にとってもやりたいこと、やらなければならないことがたくさんあります。それをひとつひとつ積み上げていくと、時間もドンドン増えていきます。ですから、まず時間を総量管理して自分が使える時間の枠を考え、その時間の枠に合うように仕事をあてはめていきます。時間の枠に合うように優先順位をつけていきます。
(同書,pp.41~42より引用)

 この考え方は極めて理にかなった考え方だ。
 そして、大いに反省させられた。

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

 「1日は24時間しかない」ことは自明のはずなのに、
 なぜか、他人からあれやこれやと仕事を頼まれたり、
 自分で仕事の設計をするときに、
 そのことを忘れてしまう。

 そして、通常の仕事時間でそれをこなしきれず、
 「まぁ、いいか。今度の週末に少しやれば......」などと思って、
 その週末にもやり切れず、パニックに陥る......

 などということが、しばしばあるのだ。

 もうちょっとこのあたり、考え直してみようか......。

« 君たちは、すばらしい! | Hoofdpagina | 難所でも逃げない心を »

最近買った本・読んだ本」カテゴリの記事

Reacties

Laat een reactie achter

(Niet getoond bij de reactie.)

TrackBack


Hieronder vindt u links naar weblogs die verwijzen naar 優先順位をつけて仕事に取り組む:

« 君たちは、すばらしい! | Hoofdpagina | 難所でも逃げない心を »

mei 2020
zo ma di wo do vr za
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Hoe laat is het?