« 「市場の論理」は機能しているか? | Hoofdpagina | Ethnic Segregation »

右へ行くか、左へ行くか?

★本日の言いたいこと★

 「数字」で冷静に物事を見る目が、必要である。

◎───────────────────────────

 一冊の本が届いた。

 ▼数字で考える技術 ビジネスモデリング入門
 (オンライン書店bk1へジャンプします。URLは長いので省略)

 著者の岡崎京介氏、小林康夫氏は、
 本書の「はじめに」でこう述べている。

┌【以下、引用です……】─────────────────
│「数字で考える」―数字で考え、数字で議論し、数字に基づいて
|判断し行動する。これが本書のテーマである。それも、普通の人
|が普通に「数字で考える」ためにはどうしたらよいかを主眼に置
|いた。
└───────────────────────────

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

 本書の冒頭、ネット証券会社の手数料を比較し、
 どの証券会社を選択したらよいか、という例題が提示される。

■A証券
□約定代金100万円までの場合、1000円
□100万円超200万円までの場合、約定代金の0.1%
□200万円超の場合、1700円+約定代金の0.015%

■B証券
□約定代金100万円までの場合、900円
□100万円超300万円までの場合、1200円
□300万円超500万円までの場合、1500円
□500万円超の場合、約定代金×0.02%+500円

■C証券
□約定代金100万円までの場合、747円
□100万円超3000万円までの場合、1500円
□3000万円超5000万円までの場合、3000円

┌【以下、引用です……】─────────────────
│手数料が安いということは重要なことである。判断することを放
|棄し「適当に選べばいいさ」とか「手数料が100円多かろうが少
|なかろうが関係ない」という人に運用の資格はない。21世紀初
|頭の日本においては1年もの定期預金の金利は年率0.03%に
|過ぎない。100万円を1年預けておいても利息は33円(それも税
|引き前)なのだ。手数料と比較すればどれほど重要なことかわ
|かるはずだ。【本書3ページより】
└───────────────────────────

 ひと昔前なら、証券会社の手数料や銀行の金利はどこも同じで
 だから、どこの証券会社や銀行を選ぼうか、などということは
 考えなくてもよかった。

 証券会社や銀行など、どこも同じ。
 それは証券会社や銀行を規制する
 さまざまな法律や政府規制が存在したからだ。

 現代は「規制緩和」「自由化」の時代。
 自由化は選択肢を人々に提示することになる。
 だから人々は、提示された選択肢からひとつを選ぶために、
 「何かを選び、他を捨てる」という判断をしなければならない。

 判断の巧拙によって損もするし、得もする。
 そして、判断の巧拙によって人々の間に「格差」が生まれる。
 多様性とは、そうした側面を持ち合わせている。

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

 我々の身近なところで、電話料金は実に多様になった。

 1980年代の前半まで、
 日本で電話サービスを提供する会社は電電公社しかなく、
 電話機だって、一般家庭用の電話なんて
 こんな黒電話しかなかった。

 私たちが学生の頃は東京~大阪間が3分400円もしたが、
 いまはいろんな電話会社のいろんな料金プランが選べるし、
 IP電話を使えば無料なのだから、エライ世の中になったものだ。
 もちろん、NTTの電話料金も安くなっているが......。

 電話料金なんて、選択次第ではいくらでも安くできるのだが、
 私の両親などは、そんなことにはまるで興味がなく、
 結果としていまだにNTT一本で、毎月エライ電話料金を払っている。

 ちょっと、何とかしたほうがいいんじゃないかと思う。

    ◆   ◇   ◆   ◇   ◆

 ことほど左様に......、

 現代は選択肢の多い時代である。
 ろくに考えもしないで、その結果として損な選択をしないよう、
 少し勉強したらどうか、と、自省も含めて、思うのである。

« 「市場の論理」は機能しているか? | Hoofdpagina | Ethnic Segregation »

最近買った本・読んだ本」カテゴリの記事

Reacties

Laat een reactie achter

(Niet getoond bij de reactie.)

TrackBack


Hieronder vindt u links naar weblogs die verwijzen naar 右へ行くか、左へ行くか?:

« 「市場の論理」は機能しているか? | Hoofdpagina | Ethnic Segregation »

mei 2020
zo ma di wo do vr za
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Hoe laat is het?